夏以外に北海道旅行をするなら秋がおすすめ!


北海道旅行のピークは夏

北海道は、夏場に観光シーズンのピークを迎えます。なぜ夏が人気かというと、気温が低いため最高の避暑地になるほか、冬場の猛烈な寒さとも無関係であるからです。その他、子供達が7月下旬から8月にかけて夏休みを迎える事なども関係してきます。そういった状況の中、夏場は人気観光地が混み合いますし、航空券のチケットも割高になるため、夏場は避けて別のシーズンに行くのもおすすめです。

夏以外だとどの季節が良いか

冬場は札幌のような大都市も含めて雪が降った場合、道を歩くのも困難になります。吹雪の日などはさらに歩行が困難になりますし、飛行機の欠航・電車の運休リスクを考慮すると、冬場に行くのはおすすめできません。また北海道は春になってもまだまだ気温が低く、厚着で寒い思いをしなければならない部分があります。それに対して秋(特に初秋)であれば快適な気温の中で観光が楽しめますし、他の地域同様にたくさんの食べ物が旬を迎えます。そういった意味で、特に美味しい食べ物を食べる事が目的で北海道旅行をしたい人にとって秋はベストシーズンと言えます。

秋はどんな食べ物が旬を迎えるか?

魚介類で言えば、鮭並びにイクラ、サンマ、一部種類のカニなどが旬の時期を迎えます。脂肪分を多く含む北海道産の魚介類は絶品と評判のため、こういった旬の魚介類を思う存分食べてみる事をおすすめします。続いて、農産物で言えばじゃがいもやトウモロコシといった野菜が美味しい季節です。果物で言えばぶどう・りんご・梨などが収穫の時期を迎えますが、果物狩り体験ができる観光農園も多数存在します。

北海道の旅行の魅力は春夏秋冬、大自然に囲まれた素晴らしいロケーションにあります。食べ物、温泉、ホテルなどが充実し、満喫できます。